心が解かされた雅楽東儀秀樹 さんの音色

東儀秀樹 さんのコンサートに行ってきました🎵  


音がすーっと入ってきて体の中に広がり、溶かされ、揺られ、緩められて解いていく…一筋の流れになって流れて行く 。。。 


鳳笙は、光を、篳篥は、声を、龍笛は、その間の空間を現すものだそうです。天と地と空を繋ぐもの。雅楽の継承と共に、日本人の心を表す日本語、叙情歌の大切さ、豊かな心を受け継いでいきたいと伝えていらっしゃいました。


篳篥の音色表現の豊かなことにびっくりしました。人や生き物の声を表現するということでしたが、鳴き声のような、嘆きのような、語り部のような、時にSAXOPHONEの様な。


あと、即興のピアノ演奏。独学だそうです。即興っていっても、練習してるんでしょうと思われるかもしれないのでと、その場で数名のお客さんにどの音がいいか尋ねて出た”ミ・ソ・シ・レ”を主にして、今この雰囲気を演奏しますと、演奏されました。これには、感嘆しか出ませんでした。


この世の中は、なんて豊かなんだろう…

「越天楽幻想曲」から流れ始め、最後の曲「仰げば尊し」で解けた一筋の涙。

そこには、心に拡がる感謝とやすらぎがありました。

覚醒と再生 fanfeel-onenessファンフィール

体と心のしなやかな中心軸を形成して、無限の創造性可能性の扉を開きます テーマは「覚醒と再生」 より上手く、より強く、より楽しく より美しく、より健康に、より心豊かにを追求していきます 自分最適 未来創造 「夢のその先の世界」へ 美しく豊かな人生と、笑顔あふれる未来の実現の為に 自然体の生き方を心と体両面から魂レベルでサポート 愛と調和のナチュラルハーモニー ☆人と人との繋がり出会いに感謝☆

0コメント

  • 1000 / 1000